イラスト上達法

イラストの模写や構図づくりで幅広く使える資料サイト4選

投稿日:2019年2月27日 更新日:

イラストを描く際は資料があったほうが絶対に良いです。

何も見ないで描くよりも資料を見ながら描いたイラストのほうがリアリティ、クオリティが数倍高くなるからです。

何となくプロのイラストレーターさんは資料を見ないでも上手い絵が描ける印象がありますがそんなことはありません。

確かにある程度経験を積めば、頭の中のイメージだけでさらっと書いてしまう絵師さんもいますが資料があったほうがそれよりも上手く描くことができます。

上手い絵師さんほど資料を見て、より仕上がりの良いイラストになるように心がけているのです。

そういえば僕が中学生のころ美術で風景画を描く授業があったのですが、風景を観ながら描いていたころの成績は5(5段階評価)でした。

1学期中にその絵は完成せず夏休みの課題になったのですが、部活もあるし、わざわざ現地に行くのがめんどくさいと思ってしまった僕は頭の中の記憶でその絵を完成させました。

頭の中の記憶は実に曖昧なものなので、当然その風景画の出来は最悪の仕上がりとなりました。

2学期の成績はお察しの通り下がったわけですが見事に”1”という最低評価をいただきました(完)先生厳しいね・・

資料の話とはまた別の話になりますが、観ながら描くというのはとても大切だと思い知らされました。

資料整理は時短効率になるので自分でわかりやすく整理してみよう

話を戻しますが、良い資料が見つかったと思ったら迷わず保存しておきましょう。

例えそれが一時的に利用するものであっても、今後色々なシチュエーションを描く上で参考になるかもしれません。

仮にその資料を保存しなかった場合、同じようなイラストを描く際にまた資料を探す必要性が出てきます。

こうなると二度手間で時間ばかりが奪われてしまいます。

イラストを上達させるためには練習あるのみですが、いかに効率よく作業できるのかを敷き詰めることで上達速度は格段に上がります。

資料集めの際は書籍やネットなどがあると思いまが、特にネットで資料を集める際は、そのサイトと資料をわかりやすくフォルダに保存して整理しておくと良いです。

建物なら建物フォルダ、人物なら人物フォルダなど・・

ジャンルに応じてフォルダを分けて保存すると、イラストを描く際の手間が省けます。

僕の場合はサイト(URL)はエクセルに、資料はデスクトップにフォルダを作って管理しています。

グーグルやヤフーなどのブラウザ機能でブックマークができるので、それらの便利な機能を活用するのもありですね。

できるだけ一つのサイトで多くの資料を扱っているサイトを厳選

ただ管理するといってもあまりにも膨大な量になってしまうと管理も大変になります。

そこで今回はなるべく一つのサイトで多くの資料を扱っているサイトをご紹介させていただきます。

リンクはまとめて載せますので一通りどんなサイトなのか目を通していただければと思います。

ポーズマニアックス

ポーズマニアックス

↑自作イメージ笑

みんな大好き、ポーズマニアックス。

人体のポーズを様々な角度から見ることができるので全体模写から部分模写まで幅広く活用することができます。

骨格を筋肉で覆った状態で構成されていますので、筋肉の成り立ちなども一緒に学べます。

アオリ、俯瞰の角度調整ができないのが難点。

pixiv

pixiv

みんな大好きpixiv。

アマチュアからプロの方まで幅広く利用されています。

基本的にイラストをメインに投稿しているので、構図作成の参考にしたりひっそりと模写する際に便利です。

そのほかコンテンツが豊富でイラストメイキングライブも見ることができますので描き方なんかを学ぶ際に重宝します。

ただし無料会員登録しないとコンテンツを見ることができませんので、利用する際はサクッと登録してしまいましょう。

有料会員になれば広告を消すオプションなども利用できますが、僕は現状のサービスでも満足しているので無料会員のままです。

イラストAC

イラストAC

みんな大好きイラストAC。

こちらも無料の会員登録が必要ですがそれさえやってしまえばPC内に画像をダウンロードすることができます。

商用利用Okで人物からキャラ絵、風景など様々なイラストや写真が取り揃えられているので僕自身よく利用しているサイトです。

イラストだけではなく、写真もダウンロード可能なので幅広く活用することができます。

僕は当サイトのように複数ブログを運営しているので、制限解除と時短目的で有料会員になっています。

ピンタレスト

ピンタレスト

みんな大好きピンタレスト。

こちらも利用するには無料会員登録が必要。

僕は画像や写真は自分のPCフォルダに保存しているといいましたが、ピンタレストはサイト上に画像を保存する機能が備わっています。

いわゆるオンラインストレージに近いサイトですがフォルダ分けはもちろん、画像にURL設定もできたり、シェア機能もあるので利便性が高いというのがピンタレストの特徴です。

プロのイラストレーターさんがたまに自分の資料をシェアすることもあるので、動向をチェックしておくと思わぬ収穫があるかもしれません。

資料サイトリンク

人体の模写に⇒ポーズマニアックス

構図作成、イラスト模写に⇒pixiv

イラストから写真まで⇒イラストAC

ネット上で画像を保存したい⇒ピンタレスト

まとめ

某プロイラストレーターさんも資料集めなくしてうまい絵は描けないといっているほど資料集め(資料を見ながらイラストを描くこと)は大切です。

自分の気に入ったサイトはブックマークしていつでも資料探しが迅速にできるようになると作業効率は大幅にアップします。

ぜひ心がけてみてください。

ご紹介したサイトに関わらず、ほかにも資料サイトはたくさんあると思いますので時間が空いた際は調べてみると良いかもしれません。

-イラスト上達法

Copyright© アニたる , 2019 AllRights Reserved.